ホーム
委員長挨拶


CD・楽譜  会員教室案内  オーディション    会員紹介 事務局  
 

 
ごあいさつ

 ----------------------- 神奈川ギター協会委員長 川俣 明

当協会歴代委員長、奥田紘正氏・山口昭三氏・大畑 正氏・青沼道子氏・石田忠氏の後を引き継ぎ、2010年度より私、川俣 明が委員長を務めさせて頂きます。
神奈川ギター協会は当初、神奈川県内で活動するギタリスト(演奏家・教授)の方々の相互の協力により、クラシック・ギターの普及と発展向上をはかり、会員 相互の親睦と利益保護、及び一般愛好者の育成を目的に設立されました。現在では新人ギタリスト・オーディションと神奈川ギター・フェスティバルの2つを行 事の柱として開催しております。会員は一般愛好家も加わり現在88名(2010年4月段階)となっております。
新人ギタリスト・オーディションは参加資格を神奈川県に在住・在勤・在教室生という条件の元に開催し、合格者は翌年の神奈川ギター・フェスティバルにゲス ト出演していただいています。ある程度地域の限定されたオーディションですが過去の合格者からは優秀なギター演奏家、指導者が輩出され、国内外、県外で活 躍している人も多く、またギター愛好家にとっても励みとなる目標になっています。なぜコンクールでなくてオーディションなのかという問い合わせや意見も度 々出るところではありますが、新しい人材を発掘するという意味で、全国的にも稀なオーディションという形を採っていることは、かえって神奈川ギター協会の 特徴を打ち出すことになっていると、私は思っております。
神奈川ギター・フェスティバルはオーディションとは異なり、多くの皆さんにギターを楽しんで演奏し、又、聴いて頂きたいという趣旨で開催しております。 フェスティバルは出演者も小学生から御年配の方まで、演奏形態も独奏から合奏と幅も広く、最近では出演を一年間の目標として楽しみにしている方々や団体も いらっしゃると聞き及んでおります。神奈川ギター協会委員やスタッフも皆様に楽しんで頂きたいという一心で力いっぱいアシストさせて頂いているつもりでお ります。
2010年は当協会も40周年を向かえ、先日は多くの御来賓の皆様にも出席頂き、大変に盛り上ったパーティーとなりました。ご協力、応援下さった皆様に感謝致しております。今後共、神奈川ギター協会を、ご支援の程よろしくお願いいたします。

 

神奈川ギター協会 執行委員名

委員長    川俣明
副委員長   西本悦子 
委員      石田忠  井上仁一郎  大橋俊和   岸 良久  斉藤泰士
         志田英利子   高久敏春  橋爪晋平  堀井義則  前場裕介  森 淳一




-----------------------